MENU

大学生が即日審査で金を借りたいと思う日常

中学生の時に友人から学生ローンとしてお金を借りた

中学生の時友人から限界でお金を借りました。
どうして限界が来たのかと言うと、
夏体育の大きなイベントが学校でありました。
その時自分は天気予報で気温などを見ずに
学校に行き、お昼くらいから急激に暑くなりました。
みんなは水筒の水を飲んでいますが、自分は水筒を持っていくのを
忘れてしまって、喉の渇きが限界に達しました。
なんとかその体育イベントが終わり、みんなで帰るとき、
喉が渇きすぎて、貧血みたいな感覚になり、友人から飲み物代を
借りました。借りたことを親にばれない方法というとコレしかなく、一番学校で賢い友人に、駆け足で1リットルパックのお茶を買いました。
それをありがたく一気飲みして事を終えたのですが、
その時借りたお金が人生で一番嬉しかったですね。
その貸してくれた友達には後日多めに学生ローンという形でお金を返しました。
空腹と喉の渇きで限界が来たときに貸してくれる友人は
本当にありがたいなと思いましたね。
朝から16時くらいまで学校の時があり、その時昼飯を忘れてしまって

ちょうどお昼で限界が来て、友人に500円借りて速攻で門を乗り越えて
学校を抜け出しご飯を食べて戻った事もありましたね。
究極にピンチの時に借りるお金こそありがたみがあるなと改めて思いました。

 

学生ローンを使って内緒で借りる方法

突発的な出来事で急にお金が必要になることは、生活している人ならば、社会人に限らず学生でも例外なくありえることです。しかし、学生という立場にいる人は、お金について自由にならないこと、制限を受けることが現実としてあります。仕事に就いていて、自分で稼いでいる社会人と比べると、信用が低いと思われるからです。それでも、「なんとかして必要なお金を手にしたい」という場合に役に立つのが、学生向けの借金・借り入れを実現したサービスを実施している会社です。

 

その中には、「お金を借りていることを親にも学校にも知られたくない」という人も大勢います。
このページでは学生が借金をするときの三つの不安点から、学生が安全に借り入れするための三つのポイント、さらに学生向けサービスを実施している、おすすめの会社をご紹介します。
学生が借金をするときに考える三つの不安点は、まず、初めての利用で安全に借りられるのかどうか。次に、申し込んですぐに借りられるのかどうか。そして、借りた後で親に見つかることはないか、ということです。
学生がローンを利用するときに気をつけたい三つのポイントは、まず、学生に対応したサービスを選ぶこと。次に、低利率または無利息借入期間のある会社をを選ぶこと。そして、申告する時に嘘をつかないことです。
借り入れの申し込みをする前に、前提として上記の三つはしっかり確認しましょう。つまり、この三つを考慮していれば借入のための審査を通過する確率が高くなるのです。
下の図は、学生向けの借り入れができるサービスの特徴や条件を比較して表にしたものです。

 

学生ローンのメリットその1「隠しておきたい親にバレにくい」

たぶん、学生向けローンの業者を考える際に「親バレ」しないかという心配が一番気にかかることと思います。事実として、借金をする学生は親に言えない事情が元になっているケースが多いです。事故にあってしまったり、学費が払えなかったり、交際でお金を使ってしまったり、など、その理由は色々あると思います。
そこで「親に迷惑を掛けたくない」「親に言えない」といった理由で学生ローンを利用する場合があります。
どこのサービスも基本的に、手続き上では親に発覚しないように手続きをしてくれます。その理由は賃貸法で「第三者に債務情報を伝えてはならない」という決まりがあるからです。債務は本人と債権者の間だけの取り決めであり、これは家族でも債務をしていることを伝えたり漏らしたりすることがあってはならないと決まっているためです。
ですが、計画的に利用しない借り入れは、返済に困ることになります。ですので、学生ローンを選ぶ場合には「返済のしやすさ」を基準にして選ぶことが望ましいです。ここから「利率が安い、または無利息期間のあるサービス」を選ぶことが重要とわかります。

 

学生ローンのメリットその2「ある程度大きな金額まで借入できる」

学生に特化した借金の学生ローン、キャッシングサービスが学生にも対応しているプロミスなどを使うメリットとしては、クレジットカードでのキャッシングなどと比べると、比較的大きな金額を借入することができる部分です。1万円から最大500万円までと金額の幅も大きく、高い自由度で設定しています。もちろんその際に審査はあります。
突発的に大きな金額のお金が必要になった場合、返済できる根拠はあれば強い味方になります。
学生が消費者金融やキャッシングを利用して借金するときの一番の注意点は「借金が親に知られないか」です。
これは考えてみると当然です。学生は経済的に自立していないのに親以外から借金をすることになるのですから、親に発覚すると困る何らかの理由があるのは明白です。これには金融業者の中で学生専用の学生ローンキャッシングという制度があります。また、大手キャッシングサービスから選ぶとすればプロミスがおすすめです。
学生にも利用できるようにしているサービスを使う場合に意識されることとして、「親に借金していることを知られたくない」という要素が大きいです。すでに述べたように、もちろん知られずに借り入ることが可能ですので、計画的な利用によって返せる範囲内であれば問題はないです。

 

おまけコラム・ショッピングカードのローンなども活用できる

もうひとつお金を借りる際に学生がよく使うのがマルイなどのショッピングカードです。人によっても違うのですがマルイのカードで5万円くらいは借りることができます。学生の時には私も利用したことがあります。翌月のバイト代が入った途端に、ついつい借りすぎてしまったのでマルイのカードの返済を済ますなんていう生活が続いた時もありました。
つらかったです。
普通に電話がかかってきて出てみたら、返済が遅れている督促で相当怖かったのも記憶に残っています。親に連絡が行ったら困るな、ということも思っていました。結果的にどうにか返済できたので良かったのですが、学生が計画性のないまま利用しようとするのはオススメしかねます。そういった人がキャッシングや借金をすれば、学生ローンでもマルイのカードでも、結果的には何もしないよりももっと大きな負担を親に強いることになるからです。あらかじめ無理と感じるような借り入れは避けて、観念して親にお願いしましょう。

 

プロミス学生